巴水の春期公開講座、申し込みは、4月5日(水)までです。お忘れなく。

IMG_3915[1].JPG

2017年度 茨城キリスト教大学の春期公開講座(巴水講座)のご案内です。

担当者: 染谷智幸(本学教授、国際新版画協会理事)、鈴木昇(国際新版画協会長)
講座名: 川瀬巴水が拓く日本とその未来
サブタイトル: 巴水の新版画は浮世絵をどう踏まえ、どう変えていったのか

開講曜日・時間 :   水曜日   12時40分から 14時10分まで
期日:  6月14日、21日、28日(染谷担当)、
     7月5日、12日、19日(鈴木担当) 
募集定員:   30名   最大受入可能数  40名

講義内容:
川瀬巴水が中心となった大正・昭和初期の新版画運動は、江戸時代の菱川師宣や鈴木春信が造り出した木版画・錦絵の伝統を踏まえながらも、近代化し日々変わりつつある日本を捉えながら、新しい「風景」を造り出しました。巴水を始めとする新版画の絵師や版元の渡邊庄三郎は、何を夢見て版画運動に没頭したのでしょうか。今回の講座では、浮世絵や巴水が造り出した版画を実際に見ながら、その彼らの理想はどこにあったのかを考えたいと思います。

テキスト: 使用しない(こちらで随時必要なプリント等を用意致します)

手続きについては、

http://www.icc.ac.jp/shougai/2017/SOL.html

をご確認ください。

その中の手続きの流れを抜き書きします。お見逃しなく!

手続きの流れ
受講申込受付期間
2017年3月22日(水)~4月5日(水)
お申込み方法
郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・性別・年齢・電話番号あるいは携帯電話番号・受講希望講座番号と講座名を明記のうえ、下記の申し込み方法の内いずれか一つをお選びいただき、お申込みください。
ハガキによるお申込み
〒319-1295 日立市大みか町6-11-1 茨城キリスト教大学 地域連携センター宛にお送りください。
ファックスによるお申込み
FAX番号0294-53-9403へ下記のFAX申込書をダウンロードいただき、記入例を参照しつつ沿ってお申込みください。
【記入例付】2017年度FAX申込用紙[PDF/size:1.6MB]
Eメールによるお申込み
E-mail:kokaikoza@icc.ac.jp
件名は春期公開講座申込みとしてください。

上の写真は韓国の道峰山の川の様子です。3月22日撮影。
韓国の山は岩が多く、水がきれいです。巴水も昭和十四年ごろ、韓国の名所を訪ねていますね。
きっと気に入ったと思います。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448345148
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック